2011年06月25日

祈り(合同慰霊祭)



こ太が お空へ住まいを移したのは 大震災の前日。

もう100日以上が過ぎました。




こっちゃんを 火葬してもらった霊園から 合同慰霊祭の案内が来ていたので、

こっちゃんの遺骨と いっしょに お出かけしてきました。





110625_1307~01.jpg

合同慰霊碑には 供花や供物がいっぱい。

小さな家族を大切に思う人たちで 会場もいっぱいでした。

にん。も パセリの花束を お供えしてきました。


僧侶の読経・参列者の焼香・護摩焚きなど、丁寧に供養していただきました。







110625_1521~01.jpg

ぶん太兄ぃやんのために お守りもいただいてきました。










kottyan.jpg

こっちゃん ずっと 大好きだよ。

ずっと ずっとね。

ニックネーム にん。 at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | こ太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶん太ちょんだより 4


酸素ルームより・・・


nadenade.jpg


にん。と ぶん太ちょんの スキンシップ

酸素ルームからは出られないので、

小窓から なでなで 揺れるハート

おなかマッサージも かねています。






ぐぅ.jpg

あったかくなって 気持ちいいのぉ〜ん いい気分(温泉) の おちり








・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜



20日(月) 昨夜から うんPが 小さく心もとない。
       やはり 食欲ダウン。
       牧草・ペレット ほとんど手をつけず。
       それでも野菜は食べるので、1時間半〜2時間おきにお給仕。
       おなかを動かしておかないとね。


21日(火) 小さく心もとなかったうんPが ついに軟うんP
       牧草・ペレット まったく食べず。
       にん。の勤務先の保育園からたんぽぽの葉を摘んでくる。
       香りがいいのか 喜んで食べる。
       おなかが張っているのか、寝ていても四肢を踏ん張っていて
       あまりリラックスする様子が無いが
       1時間半〜2時間で野菜のお給仕→おなかマッサージを繰り返すと、
       気持ちがいいのか、少しからだの力を抜いて眠る様子がある。
       ぶん太ちょんのおなか、動け!


22日(水) 相変わらず、牧草・ペレットには見向きもせず。
       水も飲まないので、心臓のお薬(粉)を溶く 単シロップを
       水に混ぜ、シリンジで時折飲ませて給水。
       笹の葉も食べが悪くなってきている。
       うんPは軟便。野菜お給仕→おなかマッサージを今日もセットで。
       明け方4時頃から少し牧草を口にし始める。
       

23日(木) うんPは軟便ながらも少しずつ固まってきているような?
       仕事から帰ってくると野菜をおねだり。その後、牧草を口にする。
       よしよし!いいぞ!ぶん太ちょん。
       心臓のお薬がなくなりそうなので、通院予定だが少しだけ回復傾向なので、
       ぶん太は連れて行かず、体力温存。
       明け方3時半頃 ついにペレット食べ始める。
       4日ぶりのペレットだよ ぶん太ちょんClap 
       ちょっと感激・・・ ぶん太ちょんの生きる力に、にん。は とことん付き合うよGood


24日(金) 食欲戻り、ペレット・牧草ともに そこそこ食べる。
       うんPも固まってきて、小さいながらも形は良い。
       それでも野菜食べたい気持ちは相変わらず。
       ちょっとでも にん。の動く姿をみると小窓の前で「P待ち」
       ストーカーのような姿に顔(イヒヒ)


25日(土) 久しぶりに連休のにん。 
       いつもモ留守番で頑張るぶん太ちょんに、要求に応じてお給仕できたり、
       排泄で汚れたタオルを取り替えてあげられることが幸せ。
       食欲あり。ペレット・牧草もそこそこ食べる。
       うんPは退院してきてから一番状態が良い。
       本来なら4〜5日おきに通院して状態を見せてほしいといわれているが、
       状態が安定している分、通院せずに体力温存に努めたほうがいいだろうか。
       う〜ん・・・ 


ニックネーム にん。 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ぶん太ちょんだより 3



酸素ルームより・・・



okusuri.jpg

高速ぐびぐびで おクスリ中・・・



・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


19日(日)  退院から一週間。
        昨夕は「しゃ〜しゃ〜」と変な呼吸音が数回きかれたので
        ぶん太ちょんを連れて通院。
        通院用かばんごとゴミ袋に入れて、酸素をつめて行きました。
        待っている間は病院で酸素室にてスタンバイ。

        心拍は安定。強心剤が効いている様子。
        レントゲンでは肺に影があるものの、以前とは違う場所。
        予想よりは良かったようだが、肺の音は雑音多し。
        770g弱と、体重が減っている。あんなに食べているのにねぇ。
        「体重が減ってきた分、食べなくちゃ!と体が欲しているのでしょう」との事。

        体重キープのために試してみたいフードがあることを伝えたが、
        おなかの弱いぶん太に勧めたくないとのドクターの所見。
        体重を増やすためには高蛋白のものが良いが、おなかの弱いぶん太が
        食べたことの無いものを消化できる力があるのか疑問との事。
        今、おなかの調子を崩すと逆に辛いこと、いろいろ食べさせたいのは
        飼い主の「やってあげてる感」は満足かもしれないが自己満足に過ぎず、  
        結果的に苦しめてしまうのではないか・・・と。
        「こんな時には粗食がいいんですよ。」と仰るので、今食べているものを
        ぶん太ちょんのペースで食べていくことにした。
        (1時間半〜2時間おき)
        リンゴも少量あげていることを伝えると、
        リンゴはあげすぎるとガスがたまりやすいので気をつけましょうとの事。

        「でも、体重はこの先、必ず減りますよ。」と釘を刺された。
        痩せていくぶん太ちょんを見るのが辛くて、
        どうにかしたいのは自分の方だということを見透かされているようだった。
        「この状態をキープできたら、もう少し一緒にいられるかな」との言葉に
        夜中のお給仕も張り合いがあります。

        本日はお注射なし。
        痛いのも、辛いのも、無いのがいいよね。





siso.jpg

  退院した日に、ぶん太ちょんの大好きな青じそを植えました。


  
  その青じそが芽を出したよ。ぶん太ちょん。

  一番葉は ぶん太ちょんに食べてもらうんだから 一緒に頑張ろう。

  


ニックネーム にん。 at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ぶん太ちょんだより 2



酸素ルームより・・・


やぁ.jpg

うんPが 復活したんだのぉ〜ん♪




・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


16日(木) 退勤後通院予定だったが、朝からうんPが復活!!
       形・大きさ共に良く、さては通院を察したか?顔(イヒヒ)
       通院で負担をかけたくないので、にん。だけ      
       心臓のお薬だけをもらいに行くと、看護師さん、ドクター共に
       出てきて、様子を気にかけて下さる。
       食欲○ 夜中2時間おきにお野菜&笹の葉


17日(金) 明日から天気が崩れる予報。
       ぶん太は「天気予報士」と呼ばれるくらい
       天候が崩れると調子が悪くなるので心配。
       幸い食欲、うんP共によし。
       昨夜から、排尿後のタオルに着色あり。
       血尿ではなさそうで色素尿と思われるが、
       こっちゃんも調子を崩してから毒々しいオレンジ色の
       色素尿が出ていたことを思い出す。
       2〜4時間おきにお野菜&笹の葉


18日(土) 午後から雨・突風・雷の予報。
       出勤前は良便。食欲○
       退勤後は良便に軟便が混じる。軟便は盲腸糞?
       色素尿は変わらず。
       帰ってくるとこちらを向いて「しゃ〜 しゃ〜」とした呼吸音。
       あせって病院に電話するが、主治医も体調不良にてお休み。
       (N先生も天気予報士のように体調を崩すので、ぶん太ちょんの
       体調不良とリンクすることもあるのです。)
       その後観察すると、変な呼吸音はごく稀なこと、食欲があること、
       良便であることから、明日まで様子を見ることにした。
       恐ろしいくらいの食欲で、にん。の顔を見るたびに、激しくおねだりに来る。
       スーパーでとうきび(とうもろこし)発見。
       とうきびの皮はぶん太ちょんの大好物。早速、大喜びで食べる。
      初物を食べると75日(でしたか?)寿命が延びるんだよ、ぶん太ちょん。
      
   


ニックネーム にん。 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

ぶん太ちょんだより 1




酸素ルーム(と にん。は呼んでいます)より 


覚え書き程度ですが・・・




P1140198.jpg

「笹の葉 うまいのぉ〜ん♪」



少しでも 繊維質を摂ってもらいたいと 笹をつんできています。




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

12日 退院初日。 食欲あり。うんP 形○小
    809gとのことなので、野菜も食べて 少し体重が増えますように。
    普段はPM2;00 6:00 9:00 AM0:00 2:00頃に食事に出てきていたが
    今日もいつものリズム通りに食べている。

13日 朝は牧草少し、ペレット少し食べているが 
    仕事から帰ってくると食べている気配なし。
    1時間半〜2時間おきに野菜、笹の葉など食べさせる。
    うんP 軟、少量

14日 変わらず食べず。
    通院して栄養剤注射 心拍遅めだが安定。肺水腫の雑音なし
    盲腸は便が入っていないが、体重10g増。
    注射後は牧草・ペレットよく食べ始める。

15日 食欲○ 牧草・ペレットよく食べる。
    仕事から帰ってくると軟うんP大量。
    夕方からは牧草・ペレット↓ 野菜は良く食べる。
    少しむっちりしていたはずが、食べた分以上に軟うんPで排出されている感じ?体力が心配。
    明日の朝で心臓の薬がなくなるので、退勤後 通院予定。
    今夜も1時間半〜2時間で野菜摂取 

ニックネーム にん。 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

にん。とぶん太の小さな幸せのために




北海道的ぶん太生活 飼い主にん。で ございます。






前回の記事にて 悩んでおりました 

自宅で使用できる ペット用ICU(酸素ハウス)の レンタル



導入 いたしましたです。 はい。







2度目の入院で 状況が 好転せず、

結局 ICUから 1日も出られていなかった ぶん太ちょん。


その間に 新たな芸?を おぼえました。

110611_1942~01.jpg


  芸名は 「P 待ち」



看護師さんや ドクターが 入院室に入るたびに

ちゃちゃっと 入り口で スタンバイ。

執念深く ピーマンをもらえるのを 待っているそうな。 ぷぷ。


110609_1914~01.jpg

「看護師さんは P待ちに負けて つい あげちゃうってさ〜」とドクター。



「あんまり(ピーマンを)あげちゃいけないと思いつつ、(牧草食べないと困るので)

あの顔を見ると つい・・・」と 看護師さんたち。



ご迷惑かけてすみません 顔(汗)





そんな入院生活。


心拍は 満点まではいかないが 厳しいながらも安定。


でも、呼吸音には波があり、良いときもあれば、雑音のひどいときもあり、

これは 利尿剤の注射の有無には あまり左右されていないようだとのこと。


このままでは 入院していても ICUからは 出られないこと。


そして、にん。とぶん太に 残された時間は とても短いこと。


短い時間なればこそ、自宅に帰してあげたいと 思ってくださっていること。



ドクターから 以上のことを お聞きして、

にん。と ぶん太の 小さな幸せのために 

前述の 自宅で使用できる ペット用ICU(酸素ハウス)の レンタルを 決意しました。



この記事を ご覧になっている方々の中には、

「そこまでして」と 感じる方も 中にはおられるかもしれません。


飼い主にん。の 自己満足なのか? エゴなのか?と 思い悩む時間も ありました。



でも、「(酸素室に入っても)2週間頑張れたら、ぶん太は大した奴だったよ。って 

言ってあげられると思います。」との ドクターの言葉に 

ぶん太が 残された時間を病院で過ごすより、自宅で看たい、一緒に過ごそう。


そう 決めました。


で、自宅用酸素室の準備ができた 本日 退院の運びとなりました。


P1140196.jpg

全体はこんな感じ。右横の装置から ケージ内に 酸素が供給されます。





P1140197.jpg

レイアウトは こんな感じ。

普段の ぶん太小屋のレイアウトに かなり近いです。




P1140194.jpg

通常 私たちの生活している空間では 20%の酸素濃度が

酸素室内では 約30%以上を キープしてくれます。


牧草も ペレットも そこそこ食べ、形も良い うんPをし、(入院中は軟うん)

何より、リラックスして 眠る姿に 小さな幸せ。



一緒に 過ごそう。 ぶん太ちょん。


P1140195.jpg










ニックネーム にん。 at 23:35| Comment(9) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

兄ぃやん退院・・・その後 再び




北海道的ぶん太生活 飼い主にん。で ございます。



先日の入退院に関しまして、皆様から暖かい励ましのお言葉をいただき

本当にありがとうございました。





その後、お返事を・・・と思っておりましたが、


ぶん太兄ぃやん、なかなか体調優れず 

3日とあけず、呼吸数があがり、利尿剤をお注射したり、


今度は利尿剤の影響か おなかが久しぶりに グリュッパになり、

軟うんPを 力むたびに 「きゅぅっ・・っ」と切ない声を上げ、

食欲ダウンのため 栄養剤を お注射したり、


また病院?.jpg

「また 病院かのぉ〜ん?」


と、ぶん太ちょんでなくとも 切ない感じでありましたが、




6月5日に またしても ICUに入院の 事態となりました。



心拍の乱れと 肺に水がたまっている音(肺水腫) 食欲ダウンが 原因です。



110606_1036~01.jpg

初日・2日目は ピーマン置けども 食べず・・・

(これが 一番 恐ろしいあせあせ(飛び散る汗)  どんなときでも ピーマンは食べるのに 顔(なに〜) )



ときおり呼ぶと 気づくのか

110606_1028~01.jpg

首を上げ 覗き込むものの 元気なし・・・






3日目からは 少し元気も 食欲も戻り、

110607_1851~01.jpg

「あれ? にん。だのぉ〜ん?」と 近寄ってきて



110607_1906~01.jpg

「なんか 食べたいのぉ〜ん揺れるハート」と 催促。


こうなると 少し安心です。  


おなかは まだ 軟うん なのですけれどね。




腎機能のことを考えると、極力使いたくない(と思っているドクターと にん。)利尿剤を 

最小限に 使用しつつ、心拍が 安定することで、

何とか自力で 肺から 水が抜けていくことを祈りつつ


本日も まだ ICUから 出られておりません。







自宅で使用できる ペット用ICU(酸素ハウス)の レンタルの 

パンフレットも いただいてきました。



う〜ん・・・ う〜ん・・・ う〜ん・・・ 顔(汗)  


思い切って レンタルしちゃうか?   悩む。。。


ニックネーム にん。 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ぶん太兄ぃやん 緊急入院4日目


入院中の ぶん太ちょん。


4日目。無事に 退院が できました ぴかぴか(新しい)もうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)

入院4日目となる 今日は 利尿剤に 頼らなくても 心肺安定。

朝1回の 強心剤の投与のみで 頑張れるめどが つきました。





にん。の お仕事終了を待って おうちに つれて帰りました。



P1140187.jpg


さっそく ご褒美のピーマンを 食べて







P1140190.jpg


さっそく いつもの 寝床に 横になりました。








「正直 今回は 2日目を乗り越えられるかな・・・と

思っていました。」と ドクター。

(あ、これは にん。が 「正直、厳しかったですよねぇ」と 

訊いたから 答えてくださったのですが。)



「あの 和太鼓乱れ打ち!の心臓が 安定するとは、頑張りましたね。」
とも。



このあとは 家で 経過観察。

5月中に もう1度 通院予定です。








兄ぃやん.jpg

ホントに 頑張ったねぇ。ぶん太ちょん。ありがとう。



こっちゃんも きっと 守ってくれたよね。ありがとう。





ぶん太生活を ご覧の皆さんにも ご心配をおかけいたしました。

応援してくださって ありがとう。




今  心の中には 「ありがとう」が いっぱいです 揺れるハート
 





ニックネーム にん。 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

ぶん太兄ぃやん 緊急入院3日目



緊急入院中の ぶん太ちょん。


3日目、高濃度酸素室 ICUから 

一般病室?に 移ることができました。


ICUの お隣のお部屋だけれどね。

110523_1002_01.jpg

心肺機能が 安定してきたとの事で、

このまま落ち着けば 退院できるとの事でした。









110523_1005_04.jpg

ごきゅごきゅ 飲んで






110523_1004_01.jpg

モリモリ 食べて







110523_1024_01.jpg


ぐぅぐぅ 眠って 






元気になって おうちへ 帰ろう。






ニックネーム にん。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ぶん太兄ぃやん 緊急入院2日目

入院中の ぶん太ちょん。


110522_1151_01.jpg


昨日に比べると 食欲モリモリ。元気そうに見えますが・・・


肺が 半分しか機能していないということで、

高濃度酸素室で 日常生活の2倍の酸素濃度の中、生活しておりまする。

呼吸が楽になったことで 食欲も回復したのでしょうとの事。


食べ物を飲み込むときに 一瞬 呼吸を止めなくてはならないので、

苦しくて 食欲がダウンしていた模様。


そんな苦しい状態なのに、食べることを ぶん太ちょんに強いていたとは。。。

苦しかったね、ぶん太ちょん。ごめんよ。




昨日は安定していた心臓の鼓動も 本日は 不整脈 和太鼓乱れ打ち 復活。

肺は少しだけ 機能が回復しているとの事。

しかし これも 利尿剤が効いているが故。


利尿剤を使用するということは 腎臓に鞭打つことになりますから、

腎不全にも十分に注意しなくては ならないそう。


利尿剤に頼らず生活できることが 目標です。


まだ、酸素室から出せる状態ではないとの事で、本日も入院です。




利尿剤 注射 → 血圧を安定させる薬、利尿剤 経口投与











入院部屋のお仲間には 約2ヶ月の マルチーズとプードルの MIX犬。

ぶん太ちょんと 同じくらいの 大きさです。

マルプーちゃん ぬいぐるみ みた〜い!



ところが 暇にあかせて 悪戦苦闘の末 自らの点滴のチューブを 食いちぎり・・・ 

看護師さんが ひぃ〜っ!と あせっていましたあせあせ(飛び散る汗)





 
ニックネーム にん。 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶん太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31