2010年04月20日

3男モル太 秘?話 その2 






北海道的ぶん太生活 3男モル太 秘話・・・? その2



前記事の 続きです クマ





2009年 9月 3日 


モルモットが 生まれたよ ぴかぴか(新しい)Clapぴかぴか(新しい) 


うまれたよ1.jpg


生まれたばかりの時には 毛が 濡れていて

だんだんと 乾いてくるよ。

うまれたよ2.jpg

うまれたよ3.jpg

うまれたよ4.jpg

うまれたよ5.jpg

「血が ついてる!」     子ども達の発見です。




「自分が産まれた時の話も お母さんに きいてごらん?」と 子ども達に促すと

保育室の壁に 貼ってある写真を お迎えに来た お母さんにも 見てもらって

自分が生まれたときの話を 聞いていました。

「血が でたの?」「痛かった?」


「痛かったし 血も出たけど 元気に 産まれてきて とっても 嬉しかったんだよ。」


そんな 親子の会話も 聞かれました。



うまれたよ6.jpg

産まれた時は 117・3g

お母さんと比べると こんなに 小さいよ!
うまれたよ7.jpg





おいしそうに お母さんの おっぱいを 飲んでいます。

うまれたよ8.jpg

お母さんのおっぱいを いっぱい飲んで 大きくなったら

みんなのところに行くからね。




一緒に産まれた 兄弟は 全部で 3匹。 三つ子だよ。

モル太誕生兄弟は3匹!.jpg







一番 左が モル太です。

兄弟の中で 一番大きくて ・・・・・ どぉりで 現在は メタボん顔(イヒヒ)





以下 その3へ・・・

ニックネーム にん。 at 23:46| Comment(9) | TrackBack(0) | モル太的 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オトナのわたしですら感動を覚える写真。さぞかし感受性の強いこどもたちにはもっとドーンどんっ(衝撃)と命の大切さや儚さ、尊さが伝わってる事でしょう。今、小さな胸に蒔かれた種は将来の大きな糧となるんでしょうね。モル太どんは、こうやってこの世の中に誕生したのね。出会えて本当に嬉しいです黒ハート
Posted by あきら at 2010年04月21日 10:25
あきらさん→

こうして改めて写真を見ると、その時の子ども達の反応を思い起こします。
まだ この時点では子ども達の中には言葉にすれども実感が薄く
実際にモルと生活していく中で、温かさや鼓動、匂いなど体感し
かけがえのない存在となってから、改めてこの写真を見返して
じわじわと命についての感情が子ども達の心に沁みていった感じがします。
何事も体感なのかもしれませんね。
モル太どん・・・こうやってこの世の中に誕生したのを
皆さんにも見ていただけて良かったです。
それもこれも飼育員さんのご協力あってこそで、
それもまた、ぶん太ちょんがつけてくれた出会いから始まっています。
本当にありがたいです。
Posted by にん。 at 2010年04月22日 00:04
誕生の瞬間やママモル・兄弟とのお写真、それによっての親子の会話。
日々のモル太君との繋がり。。素敵な教育をなさったんですねぴかぴか(新しい)
モル太君によって得ることができた愛情は子供達にとっての大きな宝物ですね。
とても暖かいです。北海道の雪も解けちゃうかも揺れるハート
Posted by さやか at 2010年04月22日 19:06
さやかさん→

誕生の瞬間やママモル・兄弟とのお写真に関しては、
これは もうホントに飼育員さんのご協力あってこそで・・・
大変感謝しております。いつも忙しいのにねぇ。

モル太が離れてからも子ども達の心に
残っていることが今でも嬉しい限りです。
命っていくら言葉で「大事だよ」っていっても
なかなか実感として伴なわないのかもしれませんね。

さやかさんのコメントを見て私も子ども達のことを思い出し、
ほわ〜んと暖かくなっちゃいました顔(笑)るんるん
Posted by にん。 at 2010年04月25日 15:31
にん。さん、こんばんわ。
はなの体重の増やし方の記事にコメントありがとうございました。
他の病院に行くことも検討したのですが、はなの体力を考えてはなが大好きな先生のいる今の病院でもう一度お話を聞きました。
そして消化酵素以外に方法がないことを知り、自分で少しずつ体重が増えるようにしていくしかないのだとわかりました。
これはどこに行ってもこの病気に関しては同じようですね。
情報ありがとうございました。
たいせつ病院は実は私、受付の募集に応募したことがあります(笑)
書類審査でダメでしたが・・・。
Posted by モラト at 2010年05月13日 19:17
ご無沙汰しております。

モルモットの赤ちゃんの誕生写真、すごいですね。
お母さん、赤ちゃんともにがんばって生まれてきたんですね。
愛おしく感じます。

ぶん太ちょん、こ太ちょん、お元気そうで何よりです。(^^♪。
そしてモル太ちゃんが加わって、とてもにぎやかそう。
微笑ましいですね。

Posted by さいふぁ at 2010年05月14日 07:05
3匹君お元気ですか?
残念なお知らせです。
うちの小太郎君10月25日22時35分に天に召されました。
10月に入ってからお腹の調子が良くなくて
何度か受診しては、復活していたのですが
急変してしまいました。
最後は、皆寝ていたので母だけ危篤状態にびっくりで救急外来に受診したのですが、間に合いませんでした。
その後深夜でしたが、家族全員で手作りの棺に入れてあげて涙涙・・・でした。
子供達は、命のはかなさと大切さを小太郎から伝えてもらったようです。
もっといろいろしてあげれば良かったと反省だらけです・・・
おやつなど、御裾分けありがとうございました。
では、お知らせまで・・・
Posted by ゆなあや at 2010年10月26日 13:41
はじめまして♪
ランキングから来ました。
とってもカワイイ!!
思わずコメです♪

ポチッ

でわでわ〜♪
Posted by ふみっち at 2010年12月06日 09:32
まずは コメントをいただいた 皆様へ

年越しのコメントとなりました。
本当に申し訳ありません<(_ _)>
ヘタレな飼い主ですが 
今後ともよろしくお願いします。


モラトさん→

はなちゃんはじめ、みなさまお元気でいらっしゃいますか?
T動物病院とモラトさんの間に、そんな経緯があったとは\(◎o◎)/!

3わんの体調を一番ご存知なのはモラトさんですもの。
より良い対処法で元気に暮らせますように。






さいふぁさん→

こちらこそご無沙汰しております。

なににつけこの世に生れ落ちるということはすごいですね。
私も愛おしく感じます。
ものすごい 暴れん坊ですが(^_^;)

ビビちゃんと今年も愛おしい時間を過ごせますように。
あまり無理なさりませぬよう。





ゆなあやさん→

恥ずかしながら、お年賀状を拝見してビックリいたしました。

小太郎君のこと、本当に残念に思います。
ご家族の想いを考えると、ご挨拶が遅くなりましたこと、悔やまれてなりません。

はかない命ではありましたが、それぞれに意味のある命であろうと
つねづね考えます。
我が家でたとえると
ぶん太ちょんは私に「出会いをもたらせてくれるため」来たのでしょうし、
こ太ちょんは反対に彼が「愛を学びに」やってきたのだと思います。
モル太は「暴れ」に・・・いやいや
保育園が成長するために立派なお役目を担ってきたのでしょうから。
きっと小太郎くんはお嬢たち二人に
十分伝えることができて、お役目を終えたのでしょうね。
かわいい小太郎くんのご冥福をお祈りいたします。






ふみっちさん→

はじめまして。
ようこそ 北海道的ぶん太生活へ!

最近へたれの飼い主で更新が滞っておりますが、
またぜひ 覗いてやってください。
Posted by にん。 at 2011年01月02日 22:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2044832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30